スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムレックのアンプ導入

20170418AL202H.jpg


タイムドメインスピーカーの最高峰、Yoshii9のエンジンYA-1(専用アンプ)がWerfedailのスピーカー Diamond10.1の駆動用に占有されて、数ヶ月。
このままではYoshii9を再生することが出来ない。
そこで、かねてから検討していた、アムレックのデジタルアンプ導入を決定。
ただし機種は、最新機種より古いAL-202H(最大出力は20W)にした。
選定理由は、アムレックというメーカーが、音質と価格面で評価の高かったラステーム・システムズ社の後継の会社であること。
Amazonなどのレビューで音質面やメーカーの姿勢について、高評価であること。
「無線と実験」というオーディオ系の雑誌で、優れた製品に与えられる、Technology Of The Year(2014)を受賞していること。
近隣の新潟県中郷の会社であること。
そして何より、低価格(税込13,000円)であること。
これらが購入の決め手となった。

写真の上がYoshii9のエンジン YA-1
下が今回導入した、アムレックのデジタルアンプ AL-202H
幅12cm、奥行き11cm、高さは4cm弱という超コンパクトサイズ
電源ON/OFFのトグルスイッチと音量調整用のボリュームがあるのみ、というシンプル設計。

果たしてどんな音が出てくるのか、価格が価格だけに過剰な期待は禁物。
ネットの高評価レビューは果たして本物だろうか?
早く音出し確認したい、というはやる気持ちを抑えながら、スピーカーケーブルを接続し、USB DACのコードをYA-1から抜去し、AL202H側へ挿入・・・と、ここで、
あれ、赤がLEFTで黒がRIGHTだったか、逆だったか??
YA-1から抜去する時に、片側ずつやれば問題なかったのだが、両方抜去してしまったので、わからなくなってしまった。
この接続が逆になると、再生した時にバランスが崩れ違和感が生ずる。
耳で確認すればわかるのだが、両方聴いているうちにどちらが正しいのかわからなくなってくるので厄介。
数回試して聴いてみて、赤:Left 黒:Rightに決定。
準備ができたところで、緊張の音出し。
出てきた音は・・・
to be continued
スポンサーサイト
プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。