スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び戸隠へ

11月3日の祝日、今年の7月に続き、再び戸隠古道を歩いてきました。
コースは前回と殆ど同じ5社巡りコース。
今度は戸隠古道マップを見ながら、ルートに沿って歩きました。
ただ、紅葉の時季ということで、中社から10分ほどで行ける「小鳥ヶ池」へも寄りました。
朝出来るだけ早く行こうと思い、戸隠行き始発のバスに乗車。
宝光社に到着したのは、7時54分。
まずは、270段余の階段のぼり!、見上げると気力が一気に萎えるほどのとんでもない階段。
遠い昔の一時期、修験道のメッカだっただけのことはある。
なるべく上を見ないように心がけながら、一気に上る。

宝光社から中社へは、神道(かんみち)という山の中の道を歩く。
朝早いせいか、すれ違う人もなく、聞こえるのは、シジュウカラなど小鳥のさえずりのみ。
途中で火之御子社という、芸能の神様を祭った神社に立ち寄り。
そして中社をめざす。

神道の出口は、中社の入口。
そして中社にお参りして、小鳥が池を目指した。
10分ほど山道を歩くと、小鳥が池に到着。
訪れる人も無く、静寂な中にその池はあった。

1103togakusi.jpg

後ろに聳える、荒々しい山々は戸隠山。
紅葉は既に見頃を過ぎ、わずかに唐松の黄色を残すのみ。
湖の周りをぐるっと一回りしても、10分足らずという小さな湖。
だがこの景色はなかなか素晴らしい。
寄ってみてよかった!

この池から有名な鏡池までは、50分かかる。
次ぎに来た時は、このルートを歩くのもいいかなと思った。
一旦中社に戻り、古道を歩いて奥社入口を目指す。
奥社入口には9時半過ぎに着いた。
駐車場に車がどんどん入り始めていて、人がだんだん増えてきた。
2回目の奥社なので、最後数百メートルの、あのきつい登山道のような上りを知っているので、あまり無理をせず
通常の散歩程度の速度で歩いていった。
そして無事奥社に到着。

1103togakusi1.jpg

祝日とあって、かなりの人出。老若男女入り乱れて、なかなかの賑わい。
4~5歳と思われる女の子が二人、よいしょ、よいしょとあの山道を登っているのには驚いた。
こどもは凄い!
奥社から中社まで、同じ道を戻り、戸隠蕎麦で有名な「うずら屋」についたのは11時。
ここの蕎麦を楽しみに歩いてきたのに、店の入口には「ただいま2時間~3時間待ち」とある。
あきらめて近くの蕎麦屋に入り、天ざる大盛りを注文。
昼食を食べ終わったのが、12時ちょっと前。
引き上げるにはまだ早いので、戸隠神告げ温泉まで歩く。

温泉はこじんまりとした小さな湯船一つだったが、お湯が柔らかく、深さがあってゆっくり浸かるという感じが、とてもよかった。
窓の外に楓の木が1本、紅葉で赤く染まっていた。
疲れた足には、温泉が一番。
温泉をでて、中社を経由し、神道をまた歩いて宝光社へ戻る。
階段を一気に駆け下り、バス停へ。
13時38分のバスに乗り、城山公園口下車。
寮へ戻ったのが15時ちょっと前、そして着替えて今度は安曇野に向けて出発。
長野駅前のバス停まで歩いて40分。
これがかなり堪えた。

今年2回目の戸隠神社詣で、天候に恵まれ、素晴らしい景色にも出会え、楽しい一日だった。
戸隠の魅力に、ますますはまりそう。
今度は、一の鳥居からスタートする、「戸隠神社参拝古道」に挑戦してみようかなあ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。