スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと道草

「石の上にも三年」と言う諺があります。
タイムドメイン社のYoshii9を手に入れて、本物の音楽に浸る日々を送りたい。
と思いったってから、早3年が経ちました。
デジカメの買い替え、iPhoneへの乗り換え、Macへの乗り換え、iPodTouchの買い替え等々、ひたすら我慢し、「Yoshii9への道」に邁進してきました。
そしていよいよ、ゴールが目前に迫って来ました。
マラソンで言えば、40kmを過ぎ、あのコーナーを曲がれば、陸上競技場が見えてくるという地点。

ところが、妙なことに、急に、なんだか寂しくなって来ました。
このまま、すんなりとゴールに向かって走っていいんだろうかと。
ゴールインする前に、ひとつ確認しておくべきことがあるような気がして来ました。
タイムドメイン理論に基づくスピーカー(アンプ含む)、確かに素晴らいいのですが、通常のオーディオスピーカーの音ってどんなだっただろうか・・・
そこで、ちょっとだけ、道草をしてみることにしました。
その気になったのは、「Stereo」という昔からのオーディオ雑誌の付録に出会ったからです。
2011年の7月号で、口径8cmのフルレンジのスピーカーが付いてました。
2012年の1月号で、小型のデジタルアンプが付きました。
1月号はすぐ売り切れてしまい、手に入れることはできませんでした。
オーディオの楽しさは、自分好みの音を追求するところにあるのも確かです。
メーカー製品は普及価格のものから非常に高価なものまで、ピンからキリまであります。
でも、高価=高付加価値という式は成り立っても、高価=高音質という方程式は、必ずしも成り立たないというのが、この世界の妙なところです。
ブラインドテストで、オーディオ評論家を集めて、数千円のデジタルアンプと数百万円のアンプを比較試聴してもらったところ、数千円のデジタルアンプの方が、高音質と感じるオーディオ評論家が多かったという、笑うに笑えないような話もあります。

で、この写真のデジタルアンプが、そのアンプの後継機なのです。
TOPPING TP10-mark4
価格:4,980円 (中国製)

0117TP10mark4.jpg

小型でシンプルなアンプです。
サイズは、幅8cm、高さ5cm、奥行き15cm、片手にちょうど収まる大きさ。
前面にはボリュームがあるのみ。
裏面は、入力1系統、出力1系統(スピーカー接続用端子)と電源スイッチ、ACアダプタの接続端子があるだけです。
出力は、15W×2と、通常の部屋で聴くには十分な出力があります。

0117TP10mark4-1.jpg

プレーヤーはPCとiPodTouchを使用
スピーカーユニットは、自作オーディオの世界で、よく使われるFostexの製品を使用
FF85WKもしくは、P-800(stereo誌2011年7月号の付録)
エンクロージャは、BK85WK
費用は合計で25,000円程度、これでデスクトップオーディオが出来上がります。
スピーカーユニットをエンクロージャに自分で取り付けるので、ちょっとした自作気分も味わえます。
スピーカーケーブルは、Yoshii9と同じ物を利用しようと考えています。
どんな道草になるのか、楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

Fostex

こんばんは。お寒うございます。

道草、大いに結構だと思います。
道は、曲がっているものです。紆余曲折を楽しんでこそ人生ではないでしょうか。

FostexのFEシリーズ、懐かしくてコメントします。
今から40年前、FE-103を使ってバックロードホーン型スピーカーBOXを作っていました。
16mmの合板を刻んで苦労した覚えがあります。長岡鉄男の記事を夢中になって読んだ思い出も・・・

kuniさん。
setが完成したら聞かせてください。

こんばんは、こちら今夜から明日にかけて雪が降りそうです。

16mmの合板を刻むって・・・想像しただけで手が痛くなって来ました^^;
道草というのは、何だかこう、わくわくしますよね。
どんな音がスピーカーから出てくるのか、TDlightやminiと比べてどう音質がことなるのか、結果が楽しみです。
中華デジタルアンプ、この価格にしてはなかなかしっかりした作りです。
アルミ板の厚みは7~8mmもあります。ボリュームの仕上げもなかなかのもんです。
スピーカーケーブルは、Yoshii9と同じライカル線という線径が細くて柔らかいものを取り寄せて使用する予定です。
これから、SPユニットとエンクロージャー、ケーブルを注文します。
出来上がりましたら、ブログで披露します。
是非、聴きに来てください。
非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。