スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸隠へ

プロローグ
今日は戸隠へ。
残念ながら、紅葉の時期は過ぎてしまったが、初めての「池巡りコース」を歩いてみる。
宝光社→中社を経て、小鳥が池→鏡池→随神門経由で奥社を目指し、再び中社に戻るコース。
所要時間、3時間半~4時間。
昼食は、そば茶屋「極楽坊」の予定だが、週末土曜日ということで、果たしてどうなるかは現地の状況次第だ。

本編
寮から5分程歩いたところにあるバス停から、戸隠キャンプ場行きの急行バスにのる。
土曜日ということで、結構人が乗っている。
40分程で、宝光社前に到着。
バスを降りると、小雨が当たって来た!
いよいよいつもの階段上りから、戸隠ウォーキングがスタート。
この階段を見上げると、何故か気合いが入る。
二百数十段の階段を上りきる頃には、息が上がる。

1110houkousya.jpg

そして神道を経て、中社を目指す。
土曜日ということで、もっと人が歩いているかと思ったが、二人ほどしか見かけなかった。
中社にお参りした後、小鳥が池へ回る。
小鳥が池は、訪れる人も無く、ひっそりとたたずんでいた。
あいにく小雨が降っていて、山はガスに包まれてまったく見えなかった。
そして初めての池巡りコースに入った。
路面は濡れ落ち葉で、少しぬかるみかけていたところがあり、木の根が出てたりして、歩きにくい。
ウォーキングシューズの適合領域から外れて、トレッキングシューズの領域に入った感じ。
ここで戸隠古道ウォークの、地図を忘れて来たことに気がついた。
昨夜、何度も見て頭に入れて来たので、標識どうり進んだのだが、途中の「どんぐりハウス」へという標識のところで、直進してしまい車道に出てしまった。
仕方なくそのまま、車道を下って10数分程で、鏡池に到着。

1110kagamiike.jpg

紅葉は既に終わり、カラマツが少し黄色く残っているだけ。
生憎の雨で、戸隠山も殆ど見えず残念と思っていると、背中から薄日が差して来たと思ったら、水面の向こうに虹がかかった!
思わず興奮、あわててシャッターを何回も押したが、雨でカメラの画面がよく見えない!
何とか二枚程は、虹をとらえることが出来た。

1110kagamiike1.jpg

初めて訪れた鏡池で、こんな光景にであるなんて、何てラッキー!
今度は鏡池を後にして、随神門を経由し奥社を目指した。

1110togakusi_okusya.jpg

小雨にもかかわらず、結構な人出。
宝光社から歩き始めて、ほぼ2時間近く経過、奥社最後の急階段は結構足にきた。
奥社参拝の帰りに、お目当ての蕎麦屋に立寄。

そば茶屋極楽坊
1110togakusi_gokurakubou.jpg

時間は午後1時過ぎ、店の前には行列が無かったので、入ってみた。
店内は満席の状態だったが、少し待つと、4人がけのテーブル席が空いた。
ざる蕎麦(5ボッチ)を注文。
ジャズが流れる店内、落ち着いた雰囲気が漂っていた。
蕎麦は細めだが、弾力性があってしっかりしている。
なにより感動したのは、汁の味。
ちょっと濃いめだが、蕎麦を口に含んだとたん、感動!
久々に美味しい蕎麦に出会った。

1110togakusi_soba.jpg

美味しいお蕎麦をいただき元気が出て来て、越水が原がら中社を経て、いつもの神告げ温泉へ。
こちらも意外と空いていて、ゆっくりお湯に浸かることが出来た。
宝光社前発15:38の急行に乗って、帰還。
寮に着いたらすぐ着替えて、JR長野駅へと向かった。
本日の歩数:32,171
歩行距離:約22km
我ながらよく歩いた。
一番の収穫は、いいお蕎麦屋さんが見つかったことか。
是非、また行きたいと思う。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。