USB-DAC入手

1219usb-dac.jpg

先日予約しておいた、「Stereo」誌1月号が届いた。
お目当ては、付録のUSB-DAC(写真)。
LUXMANとStereo誌の共同企画ということで、昨年のデジタルアンプを逃した私としては、二度とあの悔しい思いはしたくないので、事前予約することに決めていた。
ケースに入ってなくて、基盤剥き出しのところが、マニアックな雰囲気が漂っていていい。
DACチップは、TI社PCM2704を使用。
PC USBport --> USB-DAC mini jack --> Yoshii9 YA-1(engine)

RCA--RCAのケーブルが無かったので、ヘッドフォン出力用のminiジャックとYoshii9エンジンのminiを接続。
さっそく音を出してみた。
PCのオーディオ出力より、音がクリアで解像度が高い。
特に感じたのは、音の引き際。
余韻を持って引いていくというか・・・。
多分実際はこのように音が入っているのだが、PCのオーディオ出力ではそこまで、聴こえてないということ。
ちょっと気になったのは、音がややきつく感じられること。
今度はRCA---RCAケーブルを購入し、試してみることにする。

雑誌の中で、ケースの自作や、USBケーブルを交換したり、オペアンプの交換等、更なる高音質化の改造例が載っていて、なかなか楽しめそう。
雑誌の価格は、この付録付きで2,800円。
なかなか粋な企画である。

【追記】
しばらく聴いてみてから、PCのオーディオ出力に、またサウンドの設定を戻し、TD lightを繋いで聴いてみたところ・・・こちらの方が音質がいい!!
音楽の微妙なニュアンスが伝わって来て、メリハリがある。
USB DACのヘッドフォンジャックの音は、なんだか平板で可もなく不可も無くという感じで、聴いていて楽しくない。
こうなると、ますますRCA出力の音がどの程度のものなのか、気になる。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる