USB DACの音質part2

先日STEREO誌付属のUSB DACの音質比較について当ブログで書いたのだが、RCA-RCAケーブルを購入したので、再度検証してみた。
タイムドメインスピーカーの場合は、パソコン内蔵のオーディオミニジャックの方が自然な音質で良かったのだが、通常の方式のスピーカーの場合はどうか、自作のバスレフスピーカーで比較してみた。

<音質比較結果>
USB DAC < パソコン内蔵のオーディオミニジャック

ちなみにミニジャックのオーディオは、Realtec High Definistion Audio。
やはりタイムドメインスピーカーと同様、オーディオミニジャックの出力の方が良いという結果に落ち着いた。
USB DACの音質は、妙に乾いた音がして不自然。
特に低域の音質が乾きすぎていて、時に耳に痛い。
元気のいいサウンドではあるのだが、不自然さを感じてしまい×。
ちまたでは、パソコン内臓のオーディオミニジャックより、USBDACの方が音質いいので、PCオーディオを始めるには、まずはUSBDACを購入してくださいということになっているのだが・・・。

雑誌付録のUSBDAC(LUXMANとSTEREO誌の共同企画)1台聴いただけで、すべてのDACに敷衍するのは乱暴だと思うが、USBDACなら何でもパソコン内臓のオーディオ出力より音質は上、とは言い切れないと思う。
最近PCオーディオ、ネットオーディオを銘打つ雑誌が増え様々な機器が紹介され、評論家の試聴評価などが載っているが、そうした情報を鵜呑みにすること無く、自分の耳と音楽に対する感性を信じ判断するこが大切では無いかと思う。
機会をみて、東京のT-LOOPさんのところでNOSDACの試聴をしてみたいと思う。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる