新しい黒い卵の導入 TD-M1 PART3

0304TD-M1.jpg

興奮冷めやらぬ日々が続きます。
富士通テンの新製品 ECLIPS TD-M1を導入して、3日が過ぎた。
3日も聴き続けていると、耳が慣れてきて、低音増強モードにもだいぶ慣れた。
低音以外は、タイムドメインらしいクリアな自然な音色でとてもいい。
デスクトップスピーカーという使い方のみならず、6畳位の部屋であれば、メインスピーカーとしても充分通用する。
音の定位、空間表現とも申し分なく、インパルス特性重視のNOSDAC採用が成功していると思われます。
タイムドメイン派の私としては、音質はもちろんのこと、AirplayやiPod等のUSB接続、アナログ接続もカバーするなど、利便性とデザインにも配慮した、このような製品が登場したことは嬉しい限りです。

惜しむらくは、ここまで低音増強しなくてよかったのに!!
という一点のみです。
仕様にも、リアバスレフ方式とハッキリうたっていますので、仕方の無いことかも知れませんが・・・。
私のオーディオ環境も、音の出口とそこにいたるプロセス(DACとアンプ)は一気に固まりました。
鶏が先か、卵が先か、と言う議論は、銘器TD-M1導入によって解決しました。
後は音の入口とも言うべき、プレーヤーをWindowsPCからMACに更改すべく、全精力を傾注するのみです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる