Ecrips TD-M1 VS TD Light

0312TDLight.jpg

3月1日にEcrips TD-M1を導入して以来、日夜メインスピーカーとして使用し、手持ちの様々なジャンルの音楽を聴きその優れた音質に言及してきました。
気が付くと、本家タイムドメイン製品は、この10日ほど殆ど稼働なし。
これでは本家が可哀想ということで、今夜はTDLightをデスクトップスピーカーとして、再稼働。
10日ぶりにTDLightで聴くSophie Milman(ソフィー・ミルマン)のJAZZボーカル。
何と言う自然な音!!ケレン味の無い、実に素直で耳に心地よい音。
自然に肩の力が抜けて、音楽そのものが耳と心(脳)に入ってくる。
TD-M1の、迫力はあるが、やや低音過剰な音とは、かなり違う。
ボンボンいう、あの不快な低音がそこには全く無い。
それでいて、低音の存在を確かに感じとることが出来る。
どちらが好きかと問われれば、迷わずTDLightと答えます。
18,900円という低価格、5インチ足らずの小口径の、アンプ内蔵パワードスピーカー。
ハイレゾもAirplayも、DACも無いけれど、一番大事な、音の再生の本質がここにはある。
この小さな巨人には、本当に驚かされます。
本家タイムドメイン・スピーカーの面目躍如といったところ。

迫力のある低音を求める人には、Ecrips TD-M1を
良質で自然な音を求める人には、TDLightを

両方PCに接続しておけば、再生する楽曲によって、iTunesの出力デバイスをAirplay(TD-M1)かコンピュータ(TDLight)かに切り替えることが出来る。
方向性の異なる、タイムドメイン・デスクトップスピーカー2台を切替て使うという、ちょっと贅沢な環境が出来てとても嬉しい。
深夜、音楽を聴きながら眠りにつくには、断然TDLightです。
一方、昼間ボリュームをちょっと上げて、ガンガン聴きたいときには、TD-M1なかなかいい。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる