スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧巻の第4楽章

1215no9.jpg

誕生日のプレゼントにリクエストしたCDの中の1枚
 「バイロイトの第九」(フルトベングラー指揮)

第4楽章に圧倒されました。
1951年のライブ録音とあって、音質は良くないですが、第4楽章の臨場感と歓喜の歌の圧倒的なスケールに、体が震えました。まさに天に突き抜けんばかりの歓喜の雄叫び!!
再生に使用したのは、TIMEDOMAIN理論の結晶 Yoshii9
歴史的名演奏の会場に、タイム・トリップしたような錯覚を覚えました。
目の前にオーケストラと合唱団が浮かび上がり、その会場に私がいて聴いている・・・。

交響曲と言えば、「第九」
今や誰もが知っている、ポピュラーな音楽となったが、失意と孤独の中、聴力を失った最晩年(54際、死の三年前)のベートーベンが、どのような思いでこの破天荒な傑作を創りだしたのか。
私は、以下の文章を読んで感激し、若いころ毛嫌いをしていた、ベートーベンの音楽に触れてみたいと思いました。

百田尚樹著 「至高の音楽」 ~クラッシック永遠の名曲~
第八曲 ベートーベン「第九交響曲」
~聴力を失った後の「最後の戦い」~
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。