TD510・508試聴

昨日、富士通テンのタイムドメインシリーズのスタンダード、TD 510を試聴して来ました。
場所は松本市にあるオーディオショップ ロイヤルオーディオ。
おそらく長野県内で本格的なオーディオの試聴ができる、ほとんど唯一のショップではないでしょうか。

まず実物を観て驚きました!ちょっとのけぞりました~これ決して大げさな表現ではありません。
巨大卵出現!という感じで「なんじゃこりゃ!」と心の中で叫んでいました^^;
RICHO CX1がまだ修理から戻ってないので、写真が無くて残念ですが。

重量は9.3Kgとずっしり来ます。10cmのフルレンジ一発でも、徹底した振動対策を施すには、このような巨大な筐体が必要なのか・・・。
ここまで来ると、デスクトップに設置してBGM的に流しておいて、時々真剣に耳を傾けるというような用途には向いていません。本格的に音楽を聴き込むためのスピーカーです。
それには、ある程度の広い空間(リビングやオーディオルーム)が必要です。
フローリングなどの、土台がしっかりしたところに設置する必要があります。
畳の部屋に設置するには、マスター曰く、釘を3本打ち込んでその上にしっかりとした土台となる板をおいて、それに設置するといいそうです。やはり3点支持が基本なんですね。
サイズが載っている写真を、ネットで見つけましたので参考にアップ。

TD510size.gif

スピーカー本体を支える専用のステー(スタンド)がありますが、これを使うとさらに音のパフォーマンスがあがるそうですが、この重量が1本12.6Kgもある!
スピーカーと合わせると、約22Kg・・・。
一度設置したら、そうそう気軽に動かせる代物ではありません。

何だか形状と重量のことばかりの記事になってしまいました。
肝心の音質ですが、やはりタイムドメインの音でした。
いつも聴いているTuneup miniの延長上で、よりスケールを大きくしたような音でした。
低域も結構出ていて、音がシャープで解像度は相当高いと感じました。
ただ、東京の青山にあるインテリアショップMA By SoshiteでYoshii9を試聴したときのような、音が出た瞬間に感じた、あの感動を感じることはできませんでした。
下位機種のTD508も試聴してみました。
こちらはTuneup mimiより二周りくらい大きいサイズでしたが、低域が細くなってしまい、サブウーファーを併用したくなるような音でした。
正直なところ、Tuneup miniの方が音質がいい・・・、と感じてしまいました。
Tuneup miniの価格は42,000円程度。対するTD508PA2は専用アンプとの組み合わせで117,600円。
さすがにEclipsシリーズは、大手メーカーらしく製品の完成度は高いと感じました。
アルミ筐体の質感や重量感など、高級感があります。
でも音質は必ずしもそれに比例しないと私には感じられました。
専用のステーを付けて、スピーカーの角度調整を行い、最適リスニングポイントで聴けばまた違ったのかも知れませんが。

試聴に使った音源は、全て私のiPod Touchの楽曲。
接続はドックケーブルでline outから取り出したアナログ音源をDENONのアンプに接続して再生しました。
iTunesからダウンロードした圧縮音源も試聴しました。
 アンサリー 蘇州夜曲
 コブクロ I LOVE YOU
2曲とも私の大好きな曲です。
CDから無圧縮でWAV形式で取り込んだ曲の中から、
 モーツァルトのバイオリン協奏曲(グリュミオー)
 リベラの「彼方の光」フルバージョン
等々、約1時間あまり聴かせてもらいました。

こちらの記事でも書いたように、最近Yoshii9へのこだわりがだんだん薄れてきて、途中下車できそうな駅があれば、そこで妥協したほうが現実的ではないかとちょっと思い始めていたのですが。

<結論>
いい音ではありますが、Yoshii9で感じたあの全体を包み込むような、柔らかなスケール感は感じることが出来ませんでした。やはりYoshii9は違う!と改めて感じました。
TD510は、別売のステーやアンプの価格も考慮すると、Yoshii9と同程度か上の価格になってしまいます。
Yoshii9のアンプは単体で購入すると157,500円。同程度の価格のアンプと組み合わせると、Yoshii9の価格を軽く超えてしまいます。

改めて「Yoshii9への道」を確信する結果になりました。
こうなったら、もうわき目をふらず、「Yoshii9への道」を邁進するのみです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる