スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSE Audio X5を試す

0203muse_dac.jpg


タイムドメインスピーカーには、NOSDAC。
タイムドメイン理論に基づくスピーカーやアンプに最適なDAC(DAコンバーター)と言えば、TDA1543というかなり古いDAC。
このDACを使用した製品は、もはや殆ど市場に無い。
従って、エンジニアの皆さんは自分でこのチップを購入し、NOSDACを自作することになる。
私のような、技術力の無いタイムドメイン派は、指を加えて観ているしか無いのか・・・。
数少ない市販品でタイムドメイン社の吉井社長推薦の「devilsound DAC」も生産を終了してしまった。

TDlight用のDACを探して、ネットをいろいろ彷徨っていたところ、以下のDACが目に止まった。

MUSE Audio X5

この製品が採用しているのは、PCM2704という、TI社のDAC。
詳しくはこちらのサイトを参照
なんというシンプルな基板!!
タイムドメイン的な考え方にどこか通ずるような気がして、試してみることにした。
価格はなんと、税込みで1,380円
65mm×25mmという一口羊羹のようなサイズ^^;
Amazonでは既に売り切れており、楽天ショップで購入。
さて、その音質は如何に
次回へ続く
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。