チャレンジ ラズパイ・オーディオ 準備編

20151224raspberry_pi.jpg
20151230raspberryPi+dac.jpg
最近にわかに注目を集め出した、ラズパイ・オーディオ。
Raspberry PiとI2S DACやUSB DACを組み合わせて、高音質オーディオを目指す動き。
特にI2Sという、一般にあまり馴染みの無いインターフェースを使用するDACが注目を浴びている。
I2S:Inter-IC Sound(IC間サウンド)の略でチップ間で、デジタル音声信号をシリアル転送する為の規格。
ラズパイのGPIOという拡張インターフェースにDAC基盤を直接刺して接続する。
オーディオ自作派の方々なら、難易度は高くないと思うが、私にとっては、まずは音を出せるかどうかが、一つのチャレンジ!必要な機器を全て揃えても、17,000円ほどでネットワークオーディオ環境が完成するという、手軽さも魅力、これでホントにすごい音が出たら、オーディオの価格破壊だ。
先ずは必要な物品の調達から開始
ラズベリーパイ:最新のPI2 Model Bを採用
I2S DAC:雑誌「インターフェイス」の特集で紹介されていたリストの中から、次の基盤を選択
Serberberry DAC+
このDACにはRCAジャックが付いていない為、RCAジャックとリード線を準備
調達先:秋月電子通商、リード線は余っていたスピーカー配線用のライカル線を利用。
DAC基盤の出力端子とRCAジャックの間を、リード線で半田付けするのだが、これがなかなか難しい!!
ハンダが綺麗に乗ってくれない!!あまり暖めていると、リード線の被覆が溶けて来てしまう。適当なところで妥協^_^;
基盤むき出しでは、安全性や操作性に難があるので、専用のケースも購入した。
ケース:Sabreberry+専用ProjectBox
この専用ケース、キットになっていて、組み立てが必要。精度がかなり高い為、きっちり合わせないと基盤がうまく納まらない、組み立てに手こずり数回やり直していたら、ポロっと何か落ちた。
嫌な予感・・・基盤を支えている一辺の爪の部分が折れてしまった!
アクリルって以外に弱いんだ~って気づいた時はもう遅い、些細な事⁉︎には構わず、前に進む。
冒頭の写真がラズパイとDAC基盤をケースに組み込んだ完成形。
二枚目の写真は、Raspberry PiにSerberberry DAC+を搭載したところ。
大きさは、ちょうど手のひらに乗るくらいのサイズ。
兎にも角にも、音出しまで何とか辿りつかねば。(続く)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる