チャレンジ ラズパイ・オーディオ 音質評価編 

チャレンジ ラズパイ・オーディオの4回目は音質評価について。
ここまで肝心の音質について、全く触れてきませんでした。
本格運用を開始して、1週間が経過しました。
最初に音出しした時の印象は、鮮烈で硬い音という感じで、少々耳に痛い気がしました。
一晩通電後に聴いてみると、随分聴きやすい音に変わっていました。
私が利用したI2S DACは、Takazineさんが開発した、
SabreBerry+ (セイバー・ベリー・プラス)
ESS社のES9023というDACが使われています。
解像度が高く、とても澄んだ音がします。
金管楽器の音などは、眼が醒めるようです。
私が音質評価する際に必ず聴く、クリフォード・ブラウンの、眼の覚めるような鮮烈なトランペットの音も見事に再生してくれます。でもそれでいて決してトゲトゲしさは無く、どこまでも澄み切った音です。
充分、ピュアオーディオ級の音質に達していると思います。

さて、これまで聞いてきた、NOS DACと比べてどうか。
より自然に聴こえるのは、やはりNOS DACです。
いつもだと、やっぱりNOSDACの音質にはかなわなという結論とともに、好奇心も終息していくのですが、今回は違います。逆にラズパイ・オーディオへの関心が、ますます高まりました。
I2S DACでは以下のDACもよく使われています。
TI社(バーブラウン) PCM5102
こちらの音も、いつか聴いてみたいと思います。
今回のものは専用ケースに組み込み済みなので、バラしたくありません。(組み立てにかなりてこずったので・・・)
Raspberry Pi 2+I2S DAC+ケース合わせても15,000円ほどで出来てしまうので、そのうちもう一組新たに組んでもいいかなと思います。
今後の進化と発展性について、引き続き注目していきたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる