オーディオ環境再構築

SB-302.jpg


新しい寮に引っ越して、ほぼひと月が経とうとしています。
この間、今までより広い部屋に戸惑いながらも、ようやく馴染んで来ました。
一番の戸惑いは、音質が随分変わってしまったこと。
ドライで硬質な音がします。
空間が広がった分、ボリュームを上げないと、音が前に出てきません。
同じスピーカー、同じアンプなのに、部屋によってこんなにも音が変わるとは・・・。

背面にコンクリート壁が来るように、スピーカーを配置しました。
一次反射を最大限利用する為です。
廊下に面した壁は簡易壁の為、叩くとゴンゴン響きます。
ボリュームを少し上げて、廊下に出てみると、盛大に音漏れしました。
そこで、以前の部屋で使用していた吸音材を6枚ほど貼って対応。

念願のスピーカースタンドを導入しました。
Werfedail Diamond10.1用です。
スタンドは安価なものからスピーカーより高額なものまで、いろいろあって迷いましたが、手頃な価格とサイズ感で以下の製品に決めました。

ハヤミ工産 SB-302
インシュレーターは、オーテクのAT-6099を使用

スピーカースタンドを導入して一番変わったのは、音像がスピーカーの後方中央にピタリと定位したことです。
低音と中高音の分離も良くなりました。
このWerfedail Diamond 10.1というスピーカー、低音の豊かさ、伸びやかな高音、何より音楽を生き生きと再現してくれます。
Werfedailのラインナップ中、最も安価なエントリーモデルですが、なかなかどうして侮れません。
Yoshii9のエンジンYA-1がすっかり、Werfedail用になってしまいました。
このままでは、Yoshii9に申し訳ないので、いずれWerfedail用アンプを導入しようと考えています。
でも引っ越しに伴って何かと出費が続いたため、しばらくは無理ですね〜。
最有力候補はアムレックのデジタルアンプ AL-502H
2016 MJ Technorogy Of The Yearを受賞しています!!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる