アムレックのアンプ導入 -Part 2-

アムレックのデジタルアンプAL-202Hを導入して、約2週間が経過。
この間、NASに保存した様々なジャンルの音楽を聞いてみた。
音質について一言で言うなら、

「フラットで色付けのない音域を、低域から高域まで忠実に、スピード感のあるピュアな音で再現します。」
(Amulech Webサイトより)

アムレックのWebサイトに掲載されている、製品紹介そのままの音だった。
音にキレがあり、スピード感抜群でクリアなサウンド。
ベールを数枚剥いだかのような、目(耳)の覚めるような音。
私の部屋の環境では、ボリューム1時くらいが限界なのだが、そこまで上げても全く歪み感無し。
ボーカルの鮮明さ、高解像度の音、無音時の静謐さも感じられる。
欲を言うと、低域が締まり過ぎていてやや硬いこと。
皮がパンパンに張ってあるドラムを叩いているような、このあたりがもう少し自然な音で再生されるともっといい。
聴き疲れとは違うのだが、あまりにも鮮明な音で、気が抜けない。
もう少し音楽をゆったりとリラックスして聴きたい、と言う向きにはちょっと向かないアンプかもしれない。
スピード感のある鮮明な音、解像度の高い音を求める向きにはぴったりくると思う。
それにしても、この価格でこれだけの音質を実現しているアンプは、そうないのではないだろうか。

今回は、手持ちのUSB DAC(NOSDAC)をアンプの入力としたが、同じアムレックのDACでAL-38432DSの評価も高い。
同じアムレックコンビで組んだらどんな音になるか、興味が尽きない。

P.S. 音量の調整がとてもスムーズにできる点もいい、私の部屋の環境では12時〜1時くらいの位置が音量の限界。
ボリュームの操作量>音量なので、微調整が効く。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる