Yoshii9のレイアウトが決まらない

引越しをして早いもので、もう3ヶ月が経過。
オーディオ環境の再構築もほぼ完了と言いたいところだが、困った問題が発生している。
それは、Yoshii9のレイアウトが決まらないこと。
部屋のどこで鳴らしても、満足するような音質にならない。
一言で表現すると、「乾いた音」。
ボリュームを少し上げると、キンキンとした乾いた音が耳に着き、聴くに絶えない。
以前の部屋と比較してライブな環境であることは、間違い無いのだが・・・
TD-M1やWerfedail Diamond 10.1は、新テーブルやスピーカースタンドの導入で、むしろ音質は向上。
主力のYoshii9がまともに聴けなくて、とてもがっかり。
以前の部屋が恋しい。

何故なのか、私なりに考察すると、

1.部屋の形が、正方形に近い。前の部屋は長方形。
2.部屋が広い、10畳ほど。以前は6畳+キッチンスペースで間に仕切りの引戸あり。
3.鉄筋コンクリートの本建築(ただし廊下面の壁は簡易壁)
廊下面の簡易壁は盛大に音漏れするので、吸音材を張り対処。

1項、2項がその要因か?
なかなか改善できないので、ちょっと諦めムード。
部屋の環境によって、音質がこんなにも変わってしまうのかと、身を持って実感した。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Kuni

Author:Kuni
信州安曇野在住.
Coffeeとワインと蕎麦が好き.
音楽とオーディオに興味を持つ.

音の波形忠実再生のタイムドメイン・スピーカーと出会い,音楽を聞く喜びを再び取り戻す.
TIMEDOMAIN Yoshii9,mini(Tuneup版),lightのユーザ.
2012.6悲願のYoshii9導入が実現、新たな感動の日々を送る.
2014.2.27富士通テンECRIPSE TD-M1導入、Airplayにハマる.
2016.10.4Werfedail Diamond10.1導入、TDスピーカーとの音質比較の為に導入.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Blog List
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる